宇宙でも風邪をひいたりするのか

風邪 雑学

家族の一人が風邪をひいてしまうと、

免疫力が弱い人は風邪をひいてしまうのはよくあることですね。

 

 

人間よりはるかに小さいウイルスであるのに、人間を脅威にさらしてしまうのは

非常に恐ろしいものがあります。

そんな風邪ですが、宇宙空間においても風邪にかかってしまうのか、

疑問に思ったことはありませんか?

 

今回は宇宙空間でも風邪をひくのかについて解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

宇宙でも風邪をひく可能性は・・・

結論をさきにいいますと、宇宙でも風邪をひくことは十分ありえます

 

なぜかというと、国際宇宙ステーション(ISS)で活動するからですね。

のびのびと生活できる地球とは違い、宇宙空間では酸素がなく、活動できるスペースが限られます。

そのため、国際宇宙ステーションでは風邪になる可能性が大いにありうるのです。

 

風邪をひかないように健康管理を徹底的に行っている。

もし風邪をひいてしまうようなことが起きてしまった場合、国際宇宙ステーションの活動はもちろんのこと、一人一人の仕事に重大な影響を与えてしまいます。

最も恐れる宇宙飛行士の命が危ぶまれる可能性も十分起こりえます。

 

そういうわけで、国際宇宙ステーションで活動する宇宙飛行士が風邪にかかったり、病にかからないように、宇宙に行く前と行った後さらには国際宇宙ステーションの中でも徹底した健康管理をしているんですね。

 

例を挙げると、宇宙へ行くことが決まったら、宇宙に行く前に、健康診断を幾度も受診します。

それと、宇宙に行く直前は病気にかかることがないように、閉鎖された環境で過ごしてもらいます。

 

ここまでくると、宇宙飛行士と触れ合う可能性があるのは家族オンリー。

家族にもちゃんと健康診断を受診してもらっているため、体調がかんばしくないことがあっても、

ウイルスや細菌に感染する可能性は、皆無です。

 

さらに人間だけでなく宇宙飛行士が持っていく、荷物も徹底的に殺菌をし、菌がもちこまれないようにしているんですね。

 

地球にあるコントロールセンターで健康状態をチェック

それと、国際宇宙ステーション内において、

菌やウイルスから身を守るためにどのようなことがおこなわれているのかといいますと、

内部は四六時中空気清浄機が作動しているため、無菌の状態となっています。

 

さらに地球にあるコントロールセンターから内部の状況を観察できるようになっているため、

そこで宇宙飛行士の健康チェックができ、これも24時間態勢でおこなっています。

また、医療に従事している「クルー・メディカルオフィサー」という人も乗船しているため、

宇宙飛行士が健康に活動できるよう、サポートしています。

 

そのほか、内部が菌やウイルスで汚染されていないかを調べるシステムも搭載。

 

しかし万が一の時に備え、内部には薬や点滴、AEDといったものが備えてあり、

地球にいる担当医の指示を仰いで、クルーメディカルオフィサーが救命にあたります。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回は宇宙でも風邪をひくのかについて紹介しました。

 

宇宙飛行士はなるのがすごく難しいうえに、風邪をひかないように徹底的な健康管理をしなくてはならないというも、非常に大変なことですね。

それでもそれを乗り越えて、はるばる宇宙に行くことができるのはとてもうれしいことですし、

ロマンあふれることだと思います。

一度でいいから、宇宙に行ってみたいものですね。

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました