シマウマの鳴き声はあの生き物と同じだった!?シマウマにまつわる豆知識も紹介!

シマウマ 生き物の雑学

サバンナで暮らすしましま模様の生き物と言えば何を思い浮かべますか。

シマウマ!

ご名答!シマウマですね。

特徴的な模様を持っているので、印象に残りやすい生き物ですし、

模様がとてもきれいですね。

シマウマがほのぼのとしている姿は、見ていてとても癒されます。

 

そんなシマウマですが、みなさんはシマウマがどんな風に鳴くかご存知でしょうか。

そこで、今回はシマウマの鳴き声について紹介したいと思います。

またシマウマに関する豆知識も紹介するので最後まで見ていただけると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

シマウマの鳴き声はどんな感じなのか?

みなさんおなじみであるシマウマ。テレビや動画で、よくご覧になることはあっても、

シマウマの鳴き声を聞いたことある方はあまり多くはないかと思います。

ではいったいどのような鳴き声をしているのでしょうか。

実はあの身近な動物と同じ鳴き声だったんです!

その答えとはずばりワン!と鳴くんですね。

そうみなさんご存知のと同じ鳴き声だったんです!犬

驚かれた方も多いと思います。僕もまさかワン!となくとは夢にも思ってなくて、

馬と似ているからヒヒーン!と鳴くのかと思っていました(笑)

 

実際に鳴いている動画がこちらです。

低い声で響き渡るようにワンワン!となくシマウマもいれば、

甲高い声でワンワン!となくシマウマもいるようです。犬とよく似ていますね。

 

番外編。

こちらもシマウマが鳴いているというより、叫んでいるような動画なのですが、

車に近寄ってきて、なにやら、あああ!と叫んでいるようです。

その鳴き声はまるでおっさん(笑)

わんわんでも充分面白いのに、さらにそれをしのいでしまうとは、

シマウマなかなかやりますね。(笑)

 

あまりにおかしいので何度も見てしまいました(笑)

みなさんも中毒にならないように気を付けてください(笑)

 

豆知識:シマウマはなぜ縞模様なのか?

ここでシマウマにまつわる豆知識を2つ紹介したいと思います。

シマウマは名前にも一部入っているように、縞模様の体をもっていることで有名ですね。

しかしなぜシマウマは縞模様が入っていると思いますか。

それにはちゃんとした理由があったんですね。

 

その理由とは、敵から身を守るために、縞模様になっているんですね。

えー!?でも黒白のあんな縞模様じゃ、

逆に敵に目立っちゃうんじゃないの?

このように思った方多いのではないでしょうか。

安心してください僕もそう思いました(笑)隠れるどころか、敵にここだよ!と言っているようなもんだと思っちゃうかもしれません。

 

ではどういった仕組みになっているのかと言いますと、

シマウマが暮らしているサバンナでは広大でゆるやかな丘のいたるところに、

低い木や背の高いくさむらが生えているんですね。なおかつ太陽がこうこうと照らしています。

 

そんな環境において、離れたところから見ると、シマウマの縞模様は、数が多くなればなるほど、

低い木やくさむらのように見えて、見事姿がわからないようになるんです!

ほぼ同化してしまいますので、場合によっては言われても気づかないときもあるんだそう。

 

かなり驚きですね。

 

 

豆知識②:シマウマは実はどうもうな生き物だった!?

最後にもう一つだけ豆知識を紹介します。

シマウマってテレビなどで見ていると、おとなしそうなイメージを多くの方は持っているのではないでしょうか。

しかし実際にはちがったんですね。シマウマはおとなしそうに見えて、実はどうもうな動物だったんです

確かにいわれてみれば、

競馬でもシマウマが走っているのをみたことがないわ。

そうですね!シマウマは気性があらい動物で、なおかつ人がちゃんと安全に乗っていられるような

体のつくりをしていないので、競馬用には不向きなんですね。

 

そして、シマウマは敵が近くに来ると、勇猛果敢に破壊力のある脚の力を生かし、

なんと、蹴りをくらわして、敵のあごの骨を砕いてしまうんだとか。

 

ライオンは軽々とシマウマのことを仕留めてしまうのかと、てっきり思ってましたが、

まさかシマウマがそこまで強かったとは衝撃的です。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回はシマウマの鳴き声についてと、シマウマにまつわる豆知識を紹介しました。

 

まさかワンワンと鳴くのは思いもよらなかったですね。そしてあの人間のような声のシマウマ・・・(笑)中に人が入ってるとしか思えないです(笑)

 

もしシマウマの話題になったらこのことを話してみると、みなさん驚く事間違いなし!

盛り上がる話のネタになることができたら幸いです。

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました