鈴木蘭々の家族構成は?知的障害をわずらっていた次兄が急逝していた。

スポンサーリンク
鈴木蘭々 エンタメ

2023年1月24日放送の踊るさんま御殿でタレント・女優の鈴木蘭々さんが出演されます!

 

鈴木蘭々さんは資生堂のCMでデビューし、ポンキッキーズで歌手の安室奈美恵さんと

組んだユニット「シスターラビッツ」で一躍ブレイクし、人気タレントの仲間入りを果たしましたね。

 

そして現在もタレント・女優活動する一方で、自ら設立した化粧品会社

WOORELL(ウーレル)」で「NARIA COSMETICS(ナリアコスメティックス)」という

ブランドを展開しています。

 

そんな鈴木蘭々ですが、家族構成は父・母・兄・兄・鈴木蘭々さんの5人家族です。

 

 

ということで、

今回はそんな鈴木蘭々さんの家族について紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鈴木蘭々の家族構成

鈴木蘭々さんの家族構成は父・母・兄・兄・鈴木蘭々さんの5人家族です。

 

鈴木蘭々さん以外は一般の方であり、父と二番目の兄はすでになくなっています。

 

 

それでは順にみていくことにしましょう。

 

 

鈴木蘭々の両親

鈴木蘭々さんの父

鈴木蘭々さんの父は蘭々さんの公式ブログを拝見したところ、亡くなっていることが判明しました。

 

一般の方なので、あまり情報は公表されていませんが、

背丈が小さく、ほっそりとして、目が大きく、蘭々さんと似ていたそうです。

 

 

お父さんは身体が小さくて華奢で目がデカく、なので私はお父さん似ですね目

(お父さんはもう天国の住人)天使

出典:鈴木蘭々オフィシャルブログ

 

 

それなので、もしかすると、鈴木蘭々さんが綺麗でかわいいだけに、

お父さんもイケメンだったかもしれないですね。

 

 

鈴木蘭々さんの母

鈴木蘭々さんの母は節子という名前で、絵描きをされていたそう。

また蘭々さんからはせっちゃんと呼ばれています。

 

そして公式ブログでもたびたびお母さんの話題が上がっています。

 

お母さんは2023年現在80歳を越えており、認知症を患ってるとのことで、

デイサービスの方や蘭々さんがよくお母さんの家を訪れてサポートしているんだそうです。

 

どの程度まで進行しているのかは不明でしたが一人暮らしをされているようなので、

現段階ではまだ軽いのではないかと思われます。

 

そしてお母さんは料理が得意だそうで、2022年1月に

蘭々さんが投稿していたお母さん手作りのおせちはまるで一流の料理人が

作ったのかと思ってしまうほど、とても綺麗な仕上がりです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木 蘭々 Official(@lanlan_suzuki)がシェアした投稿

またお母さんの作る麻婆豆腐はなんと素から作るほど

本格的であり、蘭々さん自身もお母さんの手料理で特にお気に入りなんだそう!

 

見るからに食欲がかなりわいてしまうほど、おいしそうですね(*^-^*)

 

鈴木蘭々の母が作った 麻婆豆腐

出典:鈴木蘭々オフィシャルブログ

 

 

なお鈴木蘭々さんは彫りが深く、ハーフかと思われがちですが、

両親はどちらとも日本人なので、ハーフではありません。

 

[adsense]

鈴木蘭々さんの二人の兄

鈴木蘭々さんの長兄

鈴木蘭々さんの長兄は、鈴木敏裕さんです。

 

蘭々さんとは10歳年が離れており、2023年現在57歳になっているかと

思われます。

 

一般の方なのになぜ名前がわかったのかと疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

 

実は2011年、兄は電波法違反により逮捕されていたからなんですね。

 

鈴木敏裕

出典:http://georgiaemerald.cocolog-nifty.com/deai/2011/07/post-9ba9.html

 

 

なんでも、違法にラジオ局を開設し、度重なる警告があったにもかかわらず

10年以上もの間放送し続けてしまったため、つかまってしまったんだそう。

 

なお、長期間放送をしてしまった理由としてリスナーの反応がうれしくて

やめられなかったとのこと。

 

またこの違法ラジオ放送には鈴木蘭々さんも出演したことがあるそうですが、

蘭々さんはまさか違法ラジオだと知らなかったため、事務所からの厳重注意

を受けただけにとどまりました。

 

 

なくなった鈴木蘭々さんの次兄とのエピソード

鈴木蘭々さんの二番目の兄はすでに亡くなっています。

 

次兄は軽度の知的障害を持っており、体も弱かったんだそう。

 

幼少のころはよくいじめられていたそうですが、知的障害のため、怒るという感情

を持ち合わせておらず、お菓子を催促してきたいじめっ子に対して、

逆にお菓子をあげてしまったんだとか。

 

そして蘭々さん自身も次兄のシュークリームを勝手に食べてしまったり、

次兄に対してなんでこんなこともできないのと言って悲しませたこともあったそうですが、

それでも次兄は怒りませんでした。

 

それから月日が経ち、蘭々さんが18歳のころ、悲劇はおきます。

 

蘭々さんの人気がではじめ、忙しくなったこともあり仕事場に近いところへ

引っ越しすることになりました。

 

そして次兄に一人暮らしをするからしばらく実家には戻れないよと

顔を見ることもなく、カーテン越しに別れを告げたのが次兄との最後でした。

 

それからその二日後に心筋梗塞で亡くなりました。

 

母が買い物に出てから15分後ぐらいに息を引き取ったそうで、

家族の誰も最期を看取れなかったそうです。

 

そして遺影もいい写真がなかったため、かわりとして

絵描きの母が描いた絵が遺影として使われ、現在もそれは実家に飾ってあるそうです。

 

 

しかし次兄がなくなってから、不思議な出来事が起こったそうで、

なんとオーディションに受かる確率が極めて低かった雑誌にうかったり、

ポンキッキーズといったテレビ番組の出演が多くなったんだそう!

 

これは次兄がもっと長く生きて幸せをもらうはずだった分を

かわりに蘭々さんが受け取ったのではないかと蘭々さん本人が語っています。

これにはうれしい反面、後ろめたい気持ちもあったとも言っています。

 

次兄がなくなってからもうかれこれ30年ほど経つそうですが、

いまだに次兄のことは片時も忘れず、当初は悲しかったけれども、

しだいに感謝への気持ちへと変化していったそうですよ。

 

 

 

 

まさか次兄がなくなってしまうとは夢にも思わなかったことでしょう。

人間いつなくなるかわからないだけに、中々難しいことですが、

今日が最後であるかのように優しく相手に接したいですね。

 

 

鈴木蘭々の実家

東京都練馬区にある老舗町中華「梁山泊」が鈴木蘭々さんの実家だと書かれていたりしますが

これは間違いです。

 

というのも鈴木蘭々さん本人が2018年に公式ブログできっぱり否定しているからです。

 

ところで未だ実家が青梅街道沿いの餡掛け炒飯が有名な梁山泊の娘だと断定的に書かれているのには流石に失笑にやり
梁山泊の餡掛け炒飯はたしかに美味しいです照れラブラブ
私も子供の頃から知っているお店ですが残念ながら実家ではありませんDASH!ぶー
                           出典:鈴木蘭々オフィシャルブログ

 

 

なぜこのようなデマが広まったのかは不明ですが、

鈴木蘭々さんは梁山泊と同じ練馬区出身。

 

なおかつそこに、しばしば訪れていたことから、

鈴木蘭々さんの実家だと思われてしまったのかもしれないですね。

 

 

ちなみに梁山泊は人気老舗町中華で、

肉あんかけチャーハンがおいしいそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は鈴木蘭々さんの家族についてまとめました。

 

 

鈴木蘭々さんの家族構成は父(故人)・母・鈴木蘭々さん・兄2人(次兄故人)でした。

 

鈴木蘭々さんはタレント・女優活動や自身の化粧品会社を経営するほか、

認知症の母のサポートもしており、最近はかなり忙しい毎日を送られているそうです。

 

またその認知症の母への想いを歌った「MOTHER」という曲がYouTubeにて公開されていますので、

気になる方はぜひ聴いてみることをおすすめします。

 

そしてこれからもぜひ健康に気を付けながら、鈴木蘭々さんには頑張ってほしいですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました