水族館にいるサメを他の魚と一緒にしても襲わないワケとは?知って驚く豆知識も紹介!

サメ 雑学

鋭い歯をもち恐ろしいイメージがある海の生き物と言えばサメ。

映画「JAWS」でも描かれているように、

海で泳いでいると人間も襲うこともありますね。

ところが、サメはキャビアやふかひれといった高級食材にもなり、非常においしいです。

 

そんなサメですが、水族館に行った時よくサメと他の魚が同じ水槽にいるのを

見たことはないでしょうか。たくさん魚がいて、サメにはパラダイスと思いきや、

全然襲うことはせず、水の中を泳いでいるだけ・・・いったいどうして・・・?

 

そこで、今回は水族館にいるサメはなぜ他の魚を襲わないのかについて紹介したいと思います。

またサメにまつわる知って驚く豆知識も紹介しますので、

最後まで読んでいただけたらい嬉しいです。

 

スポンサーリンク

水族館にいるサメがほかの魚を襲わない理由とは?

サメ

 

水族館に行くとさまざまな海の生き物がいて、

見てるだけですごく楽しくなっちゃいますね。

中でもサメを間近で見れるのは怖いですが、とても迫力があります。

ではどうして水族館にいるサメはほかの魚を襲わないのでしょうか。

 

その理由は、サメが十分にお腹いっぱいになっているからなんですね。

 

野生のサメは生きていくために、本能によって他の魚を襲って食べるわけですが、

水族館にいるサメがもし、水槽の中にいるほかの魚を食べてばかりしてまっては、

それを見ている人には、悲しい気持ちにさせてしまうこともありますし、

再度食べられた魚を購入することになり、費用がかさんでしまいます。

 

そして、自然界では食べるほうは必死で追いかけますが、食べられる方も必死で逃げます。必死で追いかけても毎回ちゃんと食べられるとはかぎりません。

 

ところが自然界のように、

そんな動き回ることをしなくても水族館では、飼育員さんから、

確実に十分な量の魚をもらえるので、わざわざエネルギーを無駄に使ってまで、

他の魚を食べないというわけなんですね。

 

また、ほかの魚は大きい魚に襲われないように群れをなして大きくみせようとする習性をいかし、そのような姿がとても美しくみえるところから、水族館ではサメとほかの魚を一緒にしているというのもあります。

 

ところでサメにエサやりするときに、

どのようにエサをやるのか気になりませんか?

次の項目ではその様子をみてみることにしましょう!

 

水族館のサメの餌やり

上記では、水族館にいるサメが他の小魚を食べない理由について説明しました。

では今度は、そのサメにどのようにして餌やりをしているのか、

みてみることにしましょう。

 

 

まずはこちらのジンベエザメですが、サメは魚類に属しており、

魚類の中では一番大きいものとなっているんですね。

 

飼育員の方が言っているように、

エサを食べるときジンベエザメは歯をつかわず、海水ごとエサも一緒に飲み込んでしまう食べ方をします。

 

そのため海水をたくさん飲み込んでしまって、

すぐおなかいっぱいになるのと思いきや、

そうならないように、サメの体内にはえさだけをこしとる部分があるのですが、

それを鰓板(さいばん)と言います。

 

その鰓板によって、エサをちゃんとこしとって、不要になった海水はエラから

吐き出されるというわけなんですね。

 

ジンベエザメのえさを食べるシーンは実に豪快なものがありますね。

 

 

 

続いてこちらには数種類のサメがいますが、なにやら釣りみたいな感じで餌やりをしていますね。

焦らしてエサを食べさせようとしていますが、エサをぱくっと勢いよく食べ、

とても迫力がありますね。

 

サメは飼育員の方が言っているように、一度に5キロや10キロといった量のえさを食べて、

おなか一杯になってしまうと、数週間何も食べなくても生きられる仕組みになっています。

また人間などのように好き嫌いがあり、すべての魚を食べるというわけではないんですね。

 

好き嫌いがあるとは、人間と似ている部分があり、実に面白いです。

 

豆知識:サメの歯の数はいったいどれくらいある?

サメ

ここでサメにまつわる豆知識を紹介します。

サメには鋭い歯があり、狙った獲物をがしっと歯でつかみかみちぎったりしますが、

そのサメの歯の数はいったいどれくらいあるのかご存知でしょうか。

その数はだいたい200本ほどあるんですね。

多いものだと3000本というとてつもない数が生えているサメもいますが、

これほどまでにサメの歯が多いのは生存競争の激しい自然界で生き残るためなんですね。

サメは鋭い歯があることによって狙った獲物をしとめることができますが、

だんだんと使用していくうちにその歯という武器は使い物にならなくなっていきます。

そうなっては生きていくうえで支障をきたすので、はが壊れたりぬけたら、

すぐ新しい歯が生えてきて、生存競争を勝ち抜いていくことができるというわけなんですね。

 

ちなみにサメが一生において生える歯の数はなんと2万本!非常に驚きですね。

私たち人間は永久歯が抜けてしまったらもうずっと生えてきませんが、

サメは生きていればぬけてもずっと生えてくるので、本当にうらやましいです(笑)

 

以上サメにまつわる豆知識でした!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は水族館にいるサメが他の魚を襲わないのはなぜかについてと、

サメにまつわる知って驚く豆知識を紹介しました!

 

水族館にいるサメが他の魚を襲わないのは、

飼育員さんがエサを十分にあげて満腹にしているからでしたね!

 

 

私たちは水族館に行くと生き物をただ単に眺めたりしているときが多いですが、

その裏では生き物の習性を生かしたいろいろなしかけがあって、

見ている人を楽しませていたんですね。

そういうしくみを知ると、もっともっと他にも知りたくなって、

知識が深まり、とっても楽しくなります。

 

水族館の話をしていたら、久々に水族館に行きたくなってきました(笑)

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました