【オモウマイ店】名物爆盛りマグロ丼!鶴亀屋食堂(青森)の人気メニューやおすすめ観光スポット

スポンサーリンク
マグロ丼 グルメ

2022年5月24日放送のオモウマイ店で青森県青森市にある

鶴亀屋食堂さんが紹介されました。

 

鶴亀屋食堂さんは創業80年以上の老舗で、マグロ丼が大名物となっています。

また数々のマスメディアに取り上げられたことから毎日のように多くのお客さんでにぎわっています。

 

さらに名店全国丼連盟主催の第1回全国丼グランプリで金賞も受賞するなど

味は格別のものとなっています

 

 

ということで

今回は、そんな鶴亀屋食堂さんについてフカボリしたいと思います!!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気メニュー

マグロ丼

鶴亀屋食堂さんの名物となっているこちらのマグロ丼。

 

これでもかとマグロがてんこもりに盛られており、

本マグロやインドマグロ、メバチマグロなどのマグロを堪能することができます。

 

食べる際は、まぐろを一旦別の皿ににうつして食べることをおすすめします。

こうしたほうがマグロを最後までおいしく召し上がることができます。

また、お醤油は大間昆布醤油を使用するのをおすすめします。

 

一口食べると、とろけて、口いっぱいにうま味がひろがります。

 

ちなみに、本マグロ丼より、ひがしもの(メバチマグロ)丼の方が人気があるようです。

 

▼本マグロ丼


▼メバチマグロ丼

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoto Saitoh(@saitohnaoto)がシェアした投稿

 

 

 

 

中落ち丼

 

中落ちとは背骨についている赤身のことで、こちらも、

たっぷりとご飯の上に盛られています。

 

マグロの甘みを感じることができ、食べだしたら

とまらなくなってしまうほど、うまみがぎっしり詰まっています♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@julicojpがシェアした投稿

 

 

 

うに丼

 

ウニ好きにはたまらない逸品です。

 

ウニは無添加の生うにを使用しているのでみずみずしく、臭みも全くありません。

口の中でとろけ、上品な甘さと香りに思わずノックダウンしちゃいますよ♪

 

 

ちなみに冬はうにの提供はしていません。

 

 

 

うに丼

 

魚なべ定食

マグロ丼についで人気となっているのがこちらの魚なべ定食。

 

見た目は漁師飯風で、プリップリの赤魚がたくさん入っています♪

付け合わせの大根おろしに醤油をかけて、それを漬物と共にご飯に乗せてご飯をほおばります。

そしてすかさず、汁をながしこむと魚のダシがよく効いていて抜群のおいしさですよ(*^-^*)

 

 

魚なべ定食

 

 

イカ刺

 

ボリューム満点で甘みがあっておいしいですよ♪

イカ刺

 

 

 

天ぷら

 

鶴亀屋食堂さんでは天ぷらも揚げたてサクサクなので人気がありますが、その中でも、

いかの天ぷらと魚の天ぷらはおすすめです。

 

いか天や魚の天ぷらは身がプリップリで柔らかく、

くせになるおいしさですよ!

またイカ天は約15切れも入っておりボリューム満点です!

 

 

▼イカの天ぷら

イカの天ぷら

 

 

 

 

ラーメン

ラーメンは地元の方がよく注文しているメニューの一つです。

 

マグロでだしをとっているため、うまみがたっぷりにじみ出ています♪

麺にもスープがよく絡んでクセになります(*^-^*)

 

 

ラーメン

 

そのほかマグロがゴロゴロ入ったマグロカレー(770円)なども

おすすめとなっています!

マグロ丼の量

マグロ丼の量に関してですが、鶴亀屋食堂さんで出されるマグロ丼は量が少ない順に、

ミニ・小・中の3種類

 

中と書いてあるからと言って量が少ないというわけでなく、大盛レベルの量となっています。

そのため、よっぽど大のマグロ好きで、大食いの方でない限りは、男性でしたら「小」

女性でしたら「ミニ」をたのむことをおすすめします。

 

 

参考までに、メバチマグロやキハダマグロのそれぞれの量の写真を載せておきましたので、

ご覧いただければと思います。

※本マグロはこれよりも少なめになっています。

 

ちなみに、なぜ中までなのかと思った方もいるかもしれないので、説明しますと、

かつて中より上の大や大盛もあったそうなのですが、あまりにも食べきれない方が続出したため、

無くなってしまったんだそうです。

 

 

 

マグロ丼(ミニ)

 

マグロが30切れほど乗っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuko.T(@yuko.t0127)がシェアした投稿

マグロ丼(小)

 

マグロが70切れほど乗っています

マグロ丼(小)

マグロ丼(中)

 

マグロが100切れ以上乗っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yamazaki(@miki1029m.y)がシェアした投稿

 

店内にはシールがびっしり!

鶴亀屋食堂さんの店内のいたるところにシールがびっしり貼られています。

このシールは漁業組合において認められた高価なマグロのみについているシールなんです!

 

ではいったいなぜこのシールがたくさん貼られているのかと言いますと、

店主さんが熱狂的なシールコレクターになってしまったからなんですね。

 

というのも、かつて店主さんが新米だったころ、

「このシールが貼っていないマグロを使用しなければ1人前ではない」

と言われたことがきっかけ。

 

それ以来このシールがついているマグロのみを購入していくうちに、

いつしかシールを集めるのが好きになってしまったというわけなんです。

 

今となってはシールの総数がなんと13万枚を超えているんだそう!

ものすごい数で、びっくりです!

 

鶴亀屋食堂のシール

 

 

鶴亀屋食堂のシール

 

また店内には著名人の色紙も飾られています。

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんや、「ヤバイヨヤバイヨ」でおなじみの出川哲郎さんなどが

来店されているようです。

 

鶴亀屋食堂の色紙

 

 

 

近くの観光スポット!

鶴亀屋食堂さんは、テレビ番組で報道されたこともあり、

連日多くのお客さんでにぎわっています。そのため、混雑していることがしばしば。

それなので、混んでいる時やこ近くの観光スポットに行かれるのもいいですね。

 

では順に紹介していきますね。

 

サンセットビーチあさむし

 

 

こちらは海水浴場で夏休みになると多くのお客さんでにぎわっています。

また吉永小百合さんが出演したJR東日本のCMにこちらの場所が起用されたことがあり、

CM内で写真を撮っていたんだそう!

 

特にこの海岸から見る夕日はとても綺麗なので、ぜひ下記の写真のように

写真をおさめておきたいですね

サンセットビーチあさむし

 

 

巨大な椅子

 

こちらの大きな椅子は、青森県出身の世界で活躍されている

彫刻家・向井勝實さんが手がけたもので、あまりに大きいので、

すごく存在感のある椅子となっています。

 

道端にこういうアートがあると実に面白いですね!

巨大な椅子

 

浅虫水族館

こちらの水族館は本州最北端の水族館で水生生物を1万点も展示しているんだそう!

 

また生物をながめるだけでなく、イルカショーも行っているので、

たくさん楽しめること間違いなし!

 

浅虫水族館の生き物

 

イルカショー

 

店舗情報

 

店舗名:鶴亀屋食堂

 

住所:青森県青森市浅虫蛍谷293−14

 

TEL:017ー752ー3385

 

営業時間:11:00~14:30

 

定休日:なし

 

支払方法:現金のみ

 

予約可否:予約不可

 

駐車場:あり

 

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/isamu_sato777/?hl=ja

 

 

アクセス

 

浅虫温泉駅から徒歩で5分です。

外観

 

道路を挟んだ向かいには浅虫海浜公園があります。


スポンサーリンク

まとめ

今回はオモウマイ店で紹介された鶴亀屋食堂さんについてまとめました。

 

鶴亀屋食堂さんは多数のメディアに報道されたことから、全国から多くのお客さんが来店し、

連日大混雑しています。そのため平日の早い時間帯にいかれるのがおすすめです

 

なおマグロとウニが一番おいしく食べられる時期ですが、マグロは、秋の終わりから冬ごろにかけて、

ウニは夏ごろとなっています。

 

また店主さんはこわそうに見えますが、優しくて面白い方なのでご安心ください(笑)

 

それではまた。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

2022年5月24日放送のオモウマイ店で紹介された他のグルメはこちら↓

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました