崎陽軒のシウマイはなぜシュウマイでないのか?シュウマイにまつわる豆知識も紹介!

シュウマイ 雑学

中華料理において人気の上位を占めるシュウマイ。

出来立てのシュウマイを食べた時、熱いですが口の中に肉汁が広がって非常においしいですね。

今や中華料理店にわざわざいかなくてもスーパーなどでも冷凍や常温の十分おいしいシュウマイが

売っているので、本当にありがたいですね。

 

そんなシュウマイですが、シュウマイといえば、崎陽軒のシウマイ弁当が有名ですが、

表記をよくみてみると、あれ?って思ったことはないでしょうか。

そこで、今回は崎陽軒のシウマイはなぜシュウマイではないのかについて紹介したいと思います。

またシュウマイにまつわる豆知識も紹介しますので最後まで読んで読んでいただけたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

崎陽軒の概要

本題に入る前に崎陽軒の概要について説明したいと思います。

崎陽軒は久保久行氏によって設立された会社で、長崎出身であったことから、

長崎の漢文風の異称であることにちなんでいます。ちなみに、崎陽とは

太陽の当たる岬」という意味を表しているんだそう。

 

1928年にシウマイは誕生したのですが、シウマイが誕生する前に、

横浜にはこれといって名物と言ったものがありませんでした。

それならば、横浜の名物を作ろうと、創業者の婿養子であった野並茂吉氏は考えます。

熟考の末、かつて南京街と呼ばれていた現在の横浜中華街で前菜のようなものとして出されていた

シュウマイを売るということを思いつきます。

 

そこで点心のスペシャリストの力を借りて、冷めてもおいしいシュウマイを作るために、

一日水に浸した干しホタテ貝柱と豚肉を使用し、試行錯誤した結果、

今もなお多くの人から愛されるシウマイが誕生することとなったのです!

 

 

なぜ崎陽軒のシウマイはシュウマイでないのか?

本題に入ります。みなさんおなじみである崎陽軒のシウマイ。

 

ではいったいなぜ崎陽軒のシウマイはシ「ウ」マイという表記になっているのでしょうか。

その答えは、諸説ありますが、有力なものとして、

初代社長が栃木出身であることに関係しているんですね。

 

初代社長の野並茂吉氏は栃木の生まれで、「シュウマイ」と発音するところを、栃木なまりで

「シウマイ」となってしまい、それがそのまま残ってシウマイと表記されるようになったといわれています。

 

豆知識①シュウマイの上にグリンピースが乗っているのはなぜ?

シュウマイ

ここでシュウマイにまつわる豆知識を2つ紹介します。

シュウマイの上にはよくグリンピースが乗っていたりしますが、

なぜ乗っているのかご存知でしょうか。それにはちゃんと理由があって乗っかっていたんです!

 

その理由とは、まるでショートケーキのごとく、目で楽しんでほしかったからなんですね。

 

学校給食のメニューを考えていたところ、シュウマイの上にグリンピースを乗せれば、

すごく見栄えがよくなるということで乗せたのがきっかけとされているのですが、

この当時グリンピースの輸入量が増加したので、あれよあれよという広まる形となりました。

 

そして現在ではそれがおなじみのものとなっています。

 

また他の説として、どれくらい蒸しあがっているのかわかるように乗せた説や、

給食トレーに乗せたシュウマイがカウントしやすいように乗せた説もあるんだとか。

 

いずれにせよ、やはりグリンピースが乗っていた方が、見栄えがとてもよくなって、

おいしそうにみえますね!

 

 

豆知識②シュウマイの皮と餃子の皮の違いとは?

シュウマイの皮

もう一つシュウマイにまつわる豆知識を紹介します。

シュウマイの皮と餃子の皮はそれぞれ四角い皮と丸い皮となっているのは、すぐわかりますが、

その他にも違いがあるのでしょうか。それだけかと思いきや、実はほかにも違いがあったんです!

では、その違いを見ていきましょう。

①材料の違い

まず材料の違いですが、強力粉や、水と塩は共通しているのですが、

餃子の皮はものによっては、卵の白身や、もち米の粉が含まれていたりするんだそう。

 

確かにいわれてみれば、餃子を食べた時、もちもちとした食感があり、

そうでないのと比べると非常においしかった記憶があります

 

②皮の厚さの違い

最後に皮の厚さの違いですが、シュウマイは蒸して作ることが一般的なため、

餃子よりも、熱が通しやすいよう、薄くつくられています。

それに対して餃子は焼いて作ることが一般的なため、加熱しているうちに、べとついたり、

皮が裂けたりしないように、シュウマイの皮よりも厚く作られているんですね。

 

以上シュウマイにまつわる豆知識でした!

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は崎陽軒のシウマイはなぜシュウマイという表記でないのかについてと、

シュウマイにまつわる豆知識を紹介しました。

 

崎陽軒のシウマイはシュウマイと表記されない理由は、諸説ありますが、有力なものとして、

初代社長である野並茂吉氏が栃木県生まれで、栃木なまりでシウマイと発音されたのがそのまま

残ったからでしたね!

 

創業から100年以上たった現在でも、多くの人から愛されるというのは、

とてもすごいことで、なかなか真似できるようなものではないですね。

これからもずっと崎陽軒のシウマイは存続してほしいです!

 

それではまた!

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました