バターとマーガリンの違いとは?体に悪いのはどっち・・・?

違いの雑学

パン、ケーキ、ソテー・・・

さまざまな料理に使われるバターとマーガリン。

また両者とも似ているのでバターがない時はマーガリンで代用したりしますね。

 

そんなバターとマーガリンですが、改めて違いを聞かれると、

答えに詰まってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はバターとマーガリンのに関して紹介していきたいと思います

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 バターとマーガリンの違いとは?

 バターとは?

バター

まずバターとは、ザックリ言うと動物の脂肪で作られているんですね。

具体的に言うと、牛乳の脂肪分のみで作られ、乳脂肪率80%以上かつ水分17%以下となるようにしたものがバターと定義されています。

作り方としては、牛乳から脂肪分を抜き取り、それをよくかき混ぜて固めます。

抗酸化作用があるビタミンAが豊富に含まれており、皮膚や粘膜を丈夫にし、小じわの改善に効果的とされているんだそう!

また、乳酸菌がたくさん入ってることでも知られ、整腸作用をもたらし、お通じをよくしてくれるんですね。

さらにはピロリ菌を減少してくれる役割があるとされ、胃がんの予防にも役立っています。

マーガリンとは?

マーガリン

マーガリンは簡単に言えば、植物の脂肪でできているんですね。

 

もう少し詳しく話すと、油脂含有率が80%以上のものと定義され、菜種油や大豆油、コーン油がなどの植物油が使用され、このほかにも、ビタミンAや乳化剤などが含まれています。

作り方は、植物性の油脂に、塩や水、乳化剤、ビタミンなどといったものを加えて混ぜあわせ、

冷やし固めます。

 

バターと比べるとマーガリンはあっさりした味となっていて、

硬さもなめらかに仕上がっているのも大きな特徴ですね。

 

またマーガリンには止血効果のあるビタミンKが含まれており、骨粗しょう症の予防にも効果があるとされています。

さらにはビタミンEも含まれており、血行をよくし、肩こりや冷え性などの改善に役立つんですね。

 

バターとマーガリン、体に悪いのはどっちなのか?

上記ではバターとマーガリンの違いについて説明しましたが、

どちらのほうが体に悪いのでしょうか。

結論から言ってしまうと、過剰にとりすぎるとどちらとも体に悪影響をおよぼします。

なので、適量を摂取することが望ましいとされているんですね。

では具体的にそれぞれ体に悪いとされるものについて順にみていきましょう。

 

 バターの体に悪いとされるもの

バターはより香りやおいしさを引き立たせるため、お菓子などに含まれていますが、

これが落とし穴。バターにはたくさんのコレステロールが含まれているんですね。

 

その量たるやバター100グラムあたり210ミリグラム!

マーガリンが5ミリグラムなのに対し、実に42倍もの量が含まれていることになります。

 

コレステロールは摂りすぎてしまうと、動脈硬化や脳卒中のリスクを高めてしまうので

注意が必要です。

ちなみにおすすめするバター1日あたりの摂取量の限度として、

大さじ1.5~2杯分とされており、少ない量でもあっというまに、

1日の摂取制限量に達してしまうことがわかります。

 

 

 マーガリンの体に悪いとされるもの

では続いてマーガリンはどうなのでしょうか。

バターと比べるとコレステロールは格段に低いので、大丈夫かと思いきや、

実はそうでもなかったんです!

 

その理由はマーガリンにはトランス脂肪酸が含まれているからなんですね。

 

マーガリンには植物性油脂が含まれているとさきほど述べましたが、

この油脂だけでは、液体のままで固めることができません。

そこで固める役割を果たすものとして、注入するのが、食用精製加工油脂というもの。

この油脂を作るときにうみだされるのがトランス脂肪酸なんです。

 

トランス脂肪酸は悪玉菌を増やしたり、心臓病や糖尿病のリスクを高める危険性があり、

アメリカではマーガリンを禁止食品として規制の対象としているんですね。

しかし日本ではアメリカと比べ脂肪分の摂取が少なく、トランス脂肪酸が体に悪影響を与えるという根拠はないという見解であるため、規制の対象にはなっていません。

 

ちなみに1日あたりの摂取制限量は、2グラムとされています。

 

ただ両者とも、摂りすぎが体によくないのであって、

ちゃんと1日の摂取制限量を守れば、栄養をしっかりとることができ、健康的な体をつくるもとになるんですね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はバターとマーガリンの違いや、それぞれに含まれる体に悪いものを紹介しました。

 

最近では健康ブーム志向もあいまって、低脂肪のバターやマーガリンが注目されており、

さらにはマーガリンよりも低脂肪でカロリーが低いファットスプレッドというものもみられるようになりました。

 

カロリーが高いものはとてもおいしく、非常に幸せな気分になりますが、

そればかり食べすぎてしまうのは体に毒となります。

なので健康のことを考えたうえで、体にいいものをできるだけ多く食べ、

長生きできるようにしたいですね。

 

それではまた!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました